最近、国立大学法人においても文系学部の規模を縮小し、理工系や生命科学系の学部の定員の増加させる動きについてのニュースが流れています。
夏になると欠かせない教育は

今後の教育改革の方向性

最近、国立大学法人においても文系学部の規模を縮小し、理工系や生命科学系の学部の定員の増加させる動きについてのニュースが流れています。少子高齢化による人口減も加わって、国力の低下が懸念されています。また、資源に乏しい日本は、技術立国として生きていかなければなりませんので、そのためには成長戦略を支える人材を育成することが必要で、教育の最終段階である大学に対して教育改革が求められています。大学の世界ランキングにおける日本の大学の順位は芳しいものではありません。日本の大学の順位が低いのは、大学の国際化が進んでいないことにあります。日常的に英語を使う機会がなく、留学生や外国人研究者の数も少ないため、グローバル化の面で大きく遅れを取っています。

昨年、スーパーグローバル大学が採択され、日本の大学教育においても国際化に本腰を入れ始めたところです。ただ、グローバル化イコール英語が話せることではないということを忘れてはいけません。英語はあくまでもコミュニケーションをとるためのツールでしかなく、むしろ英語を話せることは当たり前の時代になります。学生が自ら学習する態度を身に付けるよう、大学教育も大きく転換する必要があります。

注目情報

Copyright (C)2017夏になると欠かせない教育は.All rights reserved.