英語の試験においてはほとんどがペーパーテストです。
夏になると欠かせない教育は

リスニングの教育でネイティブの英語を聞くか

英語の試験においてはほとんどがペーパーテストです。問題用紙に英文がありそれらの内容を理解して設問に答えていくなどが一般的です。それに加えて追加されてきたのがリスニング試験です。大学のセンター試験において導入され、各大学の入試などでも行われることがあります。専用の機械が渡されて、それを聞いて設問に答えます。

リスニングの教育においてはどのようにしていくかはその試験を受ける人にとっての悩みの種です。出題に関しては話し英語になりますから、それを聴き取ることができなければ設問がわからないのも同じです。そこで行うこととしてネイティブの英語を聞くことがあります。テレビであったり映画などにおいて英語を聞ける機会があります。

テレビで特に学習用でない英語に関しては学習に利用されることを意識されていません。あくまでも英語を日常的に使っている人が理解できるように話されています。スピードもそれなりに速くなっていて、なれていない人からするとかなり聞き取るのは難しいです。これで練習をしてもあまり身につかないことがあります。練習用としてはネイティブよりも少しゆっくりめに話してくれる教材などを利用して行きます。専用のものがあるとなお良いでしょう。

注目情報

Copyright (C)2017夏になると欠かせない教育は.All rights reserved.