教育というのは、主に学校で行われるものであるのは確かですが、学校だけでは不十分なのもまた、確かなことだと言えます。
夏になると欠かせない教育は

家庭で行うべき教育は

教育というのは、主に学校で行われるものであるのは確かですが、学校だけでは不十分なのもまた、確かなことだと言えます。まずは家庭という土台があってこそ、学校でその土台の上に知識という礎を築いていくことになるため、もしかすると学校よりも家庭での教育の方が大事であり、まずは家庭ありきで考えるべきかなのかもしれません。そうすることで、子供たちは自然と、学校とは勉強しに行くところであり、友達を作ることも、運動場を駆け回って元気に遊ぶことも大切だけれど、まずは勉強することがベースにあるのだということを理解すると思われます。

そのために行う家庭での教育としてできることは、専門的なことを教えたり、学校の勉強をあらかじめ予習させたりすることではありません。それが出来れば確かにいいですが、そこまで勉強ができる親ばかりではないことから、習慣を付けさせるという点に重点を置くことになります。学校では、決められた時間、じっと机に向かい、おとなしく椅子に座っていなくてはなりませんので、勉強とはそうやって行うものだという認識をつけさせることが大事です。一定時間、学習机に座って活字だけの本を読む、簡単な文字の書き取りをさせるなどであれば、家庭でも充分できることです。

Copyright (C)2017夏になると欠かせない教育は.All rights reserved.