義務教育というのは、日本では九年もあります。
夏になると欠かせない教育は

義務教育というのは日本では

義務教育というのは、日本では九年もあります。これは小学校が六年で、中学校で三年です。しかし、殆ど事実上、高校に通っていますから、加えて三年であり、十二年であることが多いです。これはある意味では物凄く長いといえます。但し、先進国から見てもそこまで極端に長いわけではなく、むしろ、短いといえるくらいでもあります。言うまでもありませんが、これによって、得られる学力が国力を支えている、ということになります。だからこそ、とても大事なことである制度でもあります。義務教育の制度というのは、実は相当に維持するのが大変です。要するに即効性がないです。それが即効で国力増加に繋がるわけではない、ということになりますから、それが大変なところになります。当然ですが、学校の維持費なんかにお金がかかるからです。

それこそがまずは考えるべきところで、国によってはどうしても子供は労働力になっていますから、そもそも通わせることが難しい、ということがあります。それが制度維持の最大のハードルであったわけです。日本ではそんなことはないです。そのため、教育を受けられない、ということはほぼない条件であるといえます。そこは安心してよいです。

注目情報

Copyright (C)2017夏になると欠かせない教育は.All rights reserved.