ペットや小動物に人としてどうつきあうか教えることも教育です。
夏になると欠かせない教育は

動物を飼うということはどういうことか教えることは教育である

ペットや小動物に人としてどうつきあうか教えることも教育です。動物を飼うということはどういうことかです。特に子供は後のことを考えずに、ただかわいいからと考えて子猫や子犬を拾ってきたりします。ほとんどの場合、近くに親(猫あるいは犬)がいるはずです。それをかわいいから独占しようとするのは誘拐と同じ行為ですから問題です。人が自分の子供を誘拐されるのが嫌なように、小動物の親も同じなはずです。

もちろん、道路の真ん中にいる子猫を助けるのはいいことです。かなりやせていて、親も現れず、お腹をすかせている動物に餌をやるのはいいです。動物愛護ですから尊重されるべきことです。その場合は、近くか周りに親がいないか探すのがいいです。勝手に親子を引き裂くようなことをしてはいけないです。

親がいないということでも、餌や水を与えなければいけません。飼う子供ができないのなら家族が世話をしなければなりません。それができないのなら飼わないほうがいいです。病気になったときにどうするかも考えておかなければなりません。治療費は健康保険がかかりませんから、高額な出費になることがあることも考えておくべきでしょう。そのように色々と教えて、できないのなら飼うのを諦めさせるのも重要な教育といえます。

注目情報

Copyright (C)2017夏になると欠かせない教育は.All rights reserved.